スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2HM2のパチュカブラ妨害スイッチについて

嫁自慢トナメの出番が来た!
“ストライカーの食らい判定ONなのか、面子を考えるとOFFでもいい気がするがw”
とコメントにありましたので解説。


当初はオフでのエントリーでしたが、お願いしてオンに変更しました。
実は妨害スイッチはオンオフそれぞれに利点と欠点が存在するのですよ。

その前に少し説明。
2HM2は
「地上にいる」、「ステートを奪われていない」、「パチュカブラが画面内に居ない」
以上3つを条件にパチュカブラ召喚を使うことで食らい抜けできます。
これをパチュキャンと呼んでたりします。
また、攻撃を受けると同時にパチュキャンするとダメージを無効化できます。
当然パチュカブラ召喚にゲージが必要ですが、2HM2の強さを支える最も重要な要素です。


ではスイッチの特徴をそれぞれ挙げると、

オフ
利点
・攻撃が確実に出るため相手の行動を邪魔しやすい。
・Lv3を呼べると非常に強い。
欠点
・ゲージ消費が大きい。
・画面に長く留まり、パチュキャン可能時間が少なくなる。

オン
利点
・ゲージ消費が少なくてすみ、高レベルを呼べる可能性が高い。
・盾として使うことができる。
・妨害されて早く帰るため、パチュキャンの使用可能時間が増える。
欠点
・Lv2は潰されるとゲージに厳しく、Lv3はほぼ確実に出し損になる。
・援護が受けにくく、結果的にゲージ消費が激しくなりやすい。

こんな感じで一長一短です。

オンにした理由はパチュキャン使用可能時間増加が主な理由ですね。
その他にはLv2は比較的潰されにくいためオンでも出しやすく、
習得した強ムベンベウイング追撃が活躍しやすいのも挙げられます。
タッグ戦ではゲージが溜まりやすく、
ゲージ依存は強いが溜めるのが苦手な2HM2も暴れやすいのです。
ゲージさえあれば例え1対2に追い込まれても相性次第では逆転できることもあります。
私のAIでは体力が300を切るとパチュキャンを一切自重しなくなるため結構粘りますよ。

2HM2は、高めの体力と防御力、アーマー、打撃無敵、食らい抜けと、
火力などの攻撃性能よりも、防御性能が高いキャラだと思ってます。
移動性能と空中性能の関係で自分から攻め込むのは苦手ですので、
切り込みとゲージ回収をお嬢様に任せているのがあのタッグです。


ふう…ついつい長くなってしまった。
以下個人的AIの反省。
不夜城中の強ムベンベウイングは外れてるが、
相手が何事もなく落ちてくることを前提に出すため、多段技には合わせにくいのが原因。
発生が遅いのでかなり先読みでないとダメなのが痛い…。
やっぱり相手の時間も考慮した方がいいかなぁ。
新技の空中強攻撃も出せてない。
相手がアリスだから近づきにくいのもあったけど、やっぱり移動関連を見直さないとか。
自爆技だけど性能は良いのでもっと出してもいいかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Averse

Author:Averse
MUGENキャラの制作や
動画の裏話などその他諸々

意見も歓迎です
逆に意見を求めることも
無反応だったり反映しなくても
怒らないでくださいね(汗

このブログはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。